プライバシーポリシー

株式會社エブリー(以下「當社」といいます。)は、個人情報保護の重要性について認識し、個人情報の保護に関する法律(平成15年5月30日法律第57號。その後の改正を含み、以下「個人情報保護法」といいます。)を遵守すると共に、以下のプライバシーポリシー(以下「本プライバシーポリシー」といいます。)に従い、個人情報の適切な取扱いおよび保護に努めます。なお、本プライバシーポリシーにおいて別段の定めがない限り、本プライバシーポリシーにおける用語の定義は、個人情報保護法の定めに従います。

1. 個人情報の定義


本プライバシーポリシーにおいて、個人情報とは、個人情報保護法第2條第1項により定義された個人情報を意味するものとします。

2. 個人情報の利用目的


當社は、個人情報を、以下の目的で利用いたします。

(1) DELISH KITCHEN、MAMADAYS、TIMELINEその他の當社の提供するサービス(以下総稱して、「當社サービス」といいます。)の提供のため
(2) 當社サービスに関するご案內、お問い合せ等への対応のため
(3) 當社または當社パートナーの商品、サービス等のご案內のため
(4) 當社サービスに関する當社の規約、ポリシー等(以下「規約等」といいます。)に違反する行為に対する対応のため
(5) 當社サービスに関する規約等の変更などを通知するため
(6) 當社サービスの改善、新サービスの開発等に役立てるため
(7) 雇用管理、社內手続のため(役職員および採用応募者等の個人情報について)
(8) 株主管理、會社法その他法令上の手続対応のため(株主、新株予約権者等の個人情報について)
(9) 當社サービスに関連して、個人を識別できない形式に加工した統計データを作成するため
(10) その他、上記利用目的に付隨する目的のため

3. 個人情報利用目的の変更


當社は、個人情報の利用目的を、個人情報保護法に従い、當該利用目的と関連性を有すると合理的に認められる範囲內において変更することがあり、変更した場合には個人情報の主體である個人(以下「本人」といいます。)に通知または公表します。

4. 個人情報利用の制限


當社は、個人情報保護法その他の法令により許容される場合を除き、本人の同意を得ず、利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を取り扱いません。ただし、次の場合はこの限りではありません。

(1) 法令に基づく場合
(2) 人の生命、身體または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
(3) 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
(4) 國の機関もしくは地方公共団體またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であ

5. 個人情報の適正な取得


5.1 當社は、適正に個人情報を取得し、偽りその他不正の手段により取得しません。また、當該取得に本人の同意が必要となる場合として個人情報保護法に規定する場合には、當該規定に従って、本人の同意を取得するものとします。

5.2 當社は、次の場合を除き、あらかじめ本人の同意を得ないで、要配慮個人情報(個人情報保護法第2條第3項に定義されるものを意味します。)を取得しません。

(1) 第4項各號のいずれかに該當する場合
(2) 當該要配慮個人情報が、本人、國の機関、地方公共団體、個人情報保護法第76條第1項各號に掲げる者その他個人情報保護委員會規則で定める者により公開されている場合
(3) 本人を目視し、または撮影することにより、その外形上明らかな要配慮個人情報を取得する場合
(4) 第三者から要配慮個人情報の提供を受ける場合であって、當該第三者による當該提供が第7.1項各號のいずれかに該當するとき
5.3 當社は、第三者から個人情報の提供を受けるに際しては、個人情報保護委員會規則で定めるところにより、次に掲げる事項の確認を行います。ただし、當該第三者による當該個人情報の提供が第4項各號のいずれかに該當する場合または第7.1項各號のいずれかに該當する場合を除きます。

(1) 當該第三者の氏名または名稱および住所、ならびに法人の場合はその代表者(法人でない団體で代表者または管理人の定めのあるものの場合は、その代表者または管理人)の氏名)
(2) 當該第三者による當該個人情報の取得の経緯

6. 個人情報の安全管理


當社は、個人情報の紛失、破壊、改ざんおよび漏洩などのリスクに対して、個人情報の安全管理が図られるよう、當社の従業員に対し、必要かつ適切な監督を行います。また、當社は、個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合は、委託先において個人情報の安全管理が図られるよう、必要かつ適切な監督を行います。

7. 第三者提供


7.1 當社は、個人情報保護法その他の法令に基づき開示が認められる場合を除くほか、あらかじめ本人の同意 を得ないで、個人情報を第三者に提供しません。但し、次に掲げる場合は上記に定める第三者への提供には該當しません。

(1) 當社が利用目的の達成に必要な範囲內において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合
(2) 合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
(3) 個人情報保護法の定めに基づき共同利用する場合
7.2 第7.1項の定めにかかわらず、當社は、第4項各號のいずれかに該當する場合を除くほか、外國(個人情報保護法第24條に基づき個人情報保護委員會規則で指定される國を除きます。)にある第三者(個人情報保護法第24條に基づき個人情報保護委員會規則で指定される基準に適合する體制を整備している者を除きます。)に個人情報を提供する場合には、あらかじめ外國にある第三者への提供を認める旨の本人の同意を得るものとします。

7.3 當社は、個人情報を第三者に提供したときは、個人情報保護法第25條に従い、記録の作成および保存を行います。

7.4 當社は、第三者から個人情報の提供を受けるに際しては、個人情報保護法第26條に従い、必要な確認を行い、當該確認にかかる記録の作成および保存を行うものとします。

8. 個人情報の開示


當社は、本人から、個人情報保護法の定めに基づき個人情報の開示を求められたときは、本人ご本人からのご請求であることを確認の上で、本人に対し、遅滯なく開示を行います(當該個人情報が存在しないときにはその旨を通知いたします。)。但し、個人情報保護法その他の法令により、當社が開示の義務を負わない場合は、この限りではありません。なお、個人情報の開示につきましては、手數料(1件あたり1,000円)を頂戴しておりますので、あらかじめ御了承ください。

9. 個人情報の訂正等


當社は、本人から、個人情報が真実でないという理由によって、個人情報保護法の定めに基づきその內容の訂正、追加または削除(以下「訂正等」といいます。)を求められた場合には、本人からのご請求であることを確認の上で、利用目的の達成に必要な範囲內において、遅滯なく必要な調査を行い、その結果に基づき、個人情報の內容の訂正等を行い、その旨を本人に通知します(訂正等を行わない旨の決定をしたときは、本人に対しその旨を通知いたします。)。但し、個人情報保護法その他の法令により、當社が訂正等の義務を負わない場合は、この限りではありません。

10. 個人情報の利用停止等


當社は、本人から、本人の個人情報が、あらかじめ公表された利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由または偽りその他不正の手段により取得されたものであるその他の個人情報保護法第17條に違反するという理由により、個人情報保護法の定めに基づきその利用の停止または消去(以下「利用停止等」といいます。)を求められた場合、または個人情報が個人情報保護法第23條第1項その他の同法の規定に反してご本人の同意なく第三者に提供されているという理由により、個人情報保護法の定めに基づきその提供の停止(以下「提供停止」といいます。)を求められた場合において、そのご請求に理由があることが判明した場合には、本人からのご請求であることを確認の上で、遅滯なく個人情報の利用停止等または提供停止を行い、その旨を本人に通知します。但し、個人情報保護法その他の法令により、當社が利用停止等または提供停止の義務を負わない場合は、この限りではありません。

11. 匿名加工情報の取扱い


11.1 當社は、匿名加工情報(個人情報保護法第2條第9項に定めるものを意味し、同法第2條第10項に定める匿名加工情報データベース等を構成するものに限ります。以下同じ。)を作成するときは、個人情報保護委員會規則で定める基準に従い、個人情報を加工するものとします。

11.2 當社は、匿名加工情報を作成したときは、個人情報保護委員會規則で定める基準に従い、安全管理のための措置を講じます。

11.3 當社は、匿名加工情報を作成したときは、個人情報保護委員會規則で定めるところにより、當該匿名加工情報に含まれる個人に関する情報の項目を公表します。

11.4 當社は、匿名加工情報(當社が作成したものおよび第三者から提供を受けたものを含みます。以下別段の定めがない限り同様とします。)を第三者に提供するときは、個人情報保護委員會規則で定めるところにより、あらかじめ、 第三者に提供される匿名加工情報に含まれる個人に関する情報の項目およびその提供の方法について公表するとともに、當該第三者に対して、當該提供に係る情報が匿名加工情報である旨を明示します。

11.5 當社は、匿名加工情報を取り扱うに當たっては、匿名加工情報の作成に用いられた個人情報に係る本人を識別するために、(1)匿名加工情報を他の情報と照合すること、および(2)當該個人情報から削除された記述等もしくは個人識別符號または個人情報保護法第36條第1項の規定により行われた加工の方法に関する情報を取得すること((2)は第三者から提供を受けた當該匿名加工情報についてのみ)を行わないものとします。

11.6 當社は、匿名加工情報の安全管理のために必要かつ適切な措置、匿名加工情報の作成その他の取扱いに関する苦情の処理その他の匿名加工情報の適正な取扱いを確保するために 必要な措置を自ら講じ、かつ、當該措置の內容を公表するよう努めるものとします。

12. Cookie(クッキー)その他の技術の利用


當社サービスは、Cookieおよびこれに類する技術を利用することがあります。これらの技術は、當社による當社サービスの利用狀況等の把握に役立ち、サービス向上に資するものです。Cookieを無効化されたいユーザーは、ウェブブラウザの設定を変更することによりCookieを無効化することができます。但し、Cookieを無効化すると、當社サービスの一部の機能をご利用いただけなくなる場合があります。

13. 行動ターゲティング広告について


行動ターゲティング広告に関しては、「行動ターゲティング広告について」をご確認ください。

14. 位置情報の取扱いについて


位置情報の取扱いに関しては、本プライバシーポリシーのほか、「位置情報の取扱いについて」をご確認ください。

15. お問い合わせ


開示等のお申出、ご意見、ご質問、苦情のお申出その他個人情報の取扱いに関するお問い合わせは、下記の窓口までお願い致します。

〒106-6238 東京都港區 六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー38階
株式會社エブリー
E-mail: support@every.tv
TEL: 03-6434-0874

16. 継続的改善


當社は、個人情報の取扱いに関する運用狀況を適宜見直し、継続的な改善に努めるものとし、必要に応じて、本プライバシーポリシーを変更することがあります。

午夜dj在线观看免费完整高清大全-午夜dj在线直播视频免费观看 2499电影网
吉安县| 抚松县| 临洮县| 莱西市| 惠州市| 通城县| 舟曲县| 丰台区| 汽车| 古蔺县| 团风县| 乌拉特前旗| 寿宁县| 洛阳市| 柳河县| 紫金县| 陇西县| 沽源县| 玛多县| 临猗县| 丰都县| 灌南县| 顺昌县| 保靖县|